霧筑波



 筑波山を北東に望む吉沼の地で愛飲家の「旨い」という言葉を唯一のよりどころに
県内で発見培養された小川酵母を頑なに使用し続け 自然の恵みと南部当時の熟達した技が
醸し出す芳醇な瑞々しい酒を一年一年大切に仕込み徹底した氷温管理で大事に大事に寝かせ
地元最優先に出荷されます  
 ラベル等に使われている絵は芸術院会員の洋画家
服部正一郎先生(故人)の作品『霧筑波』を先生のご厚意により使わせて頂いて 
また作品名も商標として大切に使わせて頂いていますとのこと
お蔵元浦里浩司社長の心意気を是非!! 

          
我地元つくばの銘酒霧筑波のご注文はこちらへ